こんにちは、BBTipsです。

 

打たれている球について考えてみましょう。

球に威力のあるピッチャーというのは、多少甘い球を投げても抑えられることが多いです。

 

しかし、そうじゃない投手は甘い球を投げて打たれてしまうでしょう。

 

 

当たり前のことですが、甘い球の方がバッターは打ちやすいです。バッターも甘い球を打とうとしてきます。

 

では、ピッチャーはどうすればよいのか。ピッチャーは甘い球を打たれないように厳しいコースに投げなければならないのでしょうか?

 

必ずしも、厳しいコースに投げなければならないわけではありません。厳しいコースに投げつづけるのは一流の投手でも難しいです。

 

一流の投手は常に厳しいコースに投げているのではなく、甘い球を投げても大丈夫な状態にしてから甘い球を投げているのです。

 

甘い球を打たれてしまうということは、バッターもここに来そうだなとわかっていて打っているのです。

 

甘い球を打たれるというのはいい状態ではないのです。

いかに厳しいコースに投げるかではなく、いかに甘い球を打たせないかを考えることも良いかもしれませんね。