前書き

このノートはのどを力を抜いて歌う重要性を書いたものです。のどの力が抜けた状態で発声できると、声は自由で豊かになります。それを、このノートで感じ取って頂き、読者様の何か歌うヒントになればなと思います。 尚、具体的な練習方法はほとんど書きませんので、しっかり上達を望む方はレッスンに通われることをおすすめします。

 のどを楽にする

「のどを楽にする」とは、のどに無駄な力が入らずに声が出せることです。しかし、歌を歌うときについつい力のどにを入れてしまいがちです。それは良い声を出そうとしたり、高い声を出そうとすることが原因であることが多いです。良い声や高い声に憧れるのは気持ちは凄くわかるのですが、のどの力を抜ければ良くなりますから、まずはのどの力を抜いて素直に歌うようにしてみましょう。どうしても抜けない人は首を回したり、上半身のストレッチをすると良いでしょう。力む癖のある人は時間がかかるかもしれませんが、色々と工夫しながら根気よく練習してみましょう。 
 

 身体を使う!のどは通過させるだけ! 

では、のどが楽な状態での発声とはどういう感覚なのか。 ズバリ!「身体で発声した声がのどに引っ掛からずに外に解放できる」です。つまり「のどは通過させるだけ」なのです。だからこのことを「のどを開ける」と表現することもありますが、ここでは色々な誤解を避けるため「のどを楽にして歌う」という言い方をしています。 しかし、のどを楽にして歌うと、身体で声を支える必要が出てきます。のどに力を入れて歌っている場合(のど声)は、声をのどで支えているので、あまり身体のことは気になりませんが、のどの力を抜くと一気にエネルギーが身体にのし掛かります。つまり、よく言われる「腹筋を使え!」のようなことを考えなくても、自動的に使わざる得ない状態になるのです。それを、腹筋や背筋、足腰を使ってしっかり支えます。それが出来ると「まさに身体で声を操っている」という状態になり、「のどは通過させるだけで良いんだ!」と思えると思います。

 のどを広げるのとは違う! 

よくのどを広げようとしたり、喉頭を下げることがのどを楽に歌うことだと言われますが、それは誤解です。確かに、のどの空間を確保して響きやすくする為にのどを広げたり、喉頭を下げることは効果的ですが、それは自然な筋肉の動きの中でやるからであり、それを理解しないでやると逆にのどの筋肉を固めてしまい、のど声になってしまいます。 もしやるとしても軽くあくびをする程度です。グッとやるとそれだけでのどに力が入るので注意しましょう。難しいようなら、無理にやらない方が良いでしょう。 
 

 のどを楽にして歌えると・・・。

  まず、のど声の時に比べて長い時間歌えるようになります。それから、のど声の時と比べて音が圧倒的に豊かになります。また、のどに負担がかかりにくいため、しっかりと声のトレーニングにも励むことができるようになります。 

 最後に

あまり上手でないノートを最後まで読んで頂きありがとうございました。何かの役にたてれば幸いです。 
 ---キーワード--- のど声 喉声 喉頭 高い声 低い声 良い声 歌上手 腹式 美声 地声 裏声