1. 学校で虐める子が悪くてズルイわけではない、親の育て方も悪いわけでない、親は昔虐めがあって不幸な生活をしたまま大人になり子供産みその子を傷つけた、そのせいでいじめっ子になった訳である、彼らは不幸なのである、一方の親はエリートか普通であり子供育てたが、裕福だったためその子はいい気になった、親もそのつもりなはずがない、そしていじめっ子になった、彼らは不幸である、ほかの子からいじめお教えた子と教えた子も不幸である、いじめのたのしさをおぼえてしまったことです、ある子は他の子をのけものにしようするだけが目的した理由はその子が羨ましく、憎くてたまらなかった、のけ者にしようとした子は哀れで可愛そうである、どちらも違った意味で不幸である。
  2. 虐められた子が正しいわけでない、1つはただ単に周りを敵に回したからである、1つは自分が甘えすぎて回りの子らに甘えに嫌気がさして虐められたわけである、1つは個性が間違えかほかの子には合わないわけである、もう1つはいたずらっ子か人に嫌われる態度と人と違ったことすることである。
  3. どちらも正しくも間違えてる訳でわなく不幸である、ではどちらでもない子も正しくも幸せなわけでわない、いずれどちらかになる、いじめっ子になれば、今までの自分を否定してしまったか、他の子より人一倍楽しんでる、それは自分の学校生活を狂わせたことになる、一方虐められる時来ればそれは予想もしなかった苦しい学校生活を送る羽目になる、もう一方大人になってもどちらにもならないのはない、あるとしてもいじめを見てみないフリや噂話を聞けばその時点でいじめっ子になっていて大人になった、それと自分が感じなくとも他の誰かが自分の噂話されたらその時点でいじめられている、どちらでもない子ほど一番不幸である、だから誰も不幸だからいじめ問題は解決することはない。