「国策捜査」批判を懸念、国会閉会後に着手 地検特捜部
6/20(火) 3:03配信

■森友学園事務所など家宅捜索
 なぜこのタイミングで、強制捜査に着手したのか。

 大阪地検特捜部は3月末以降、籠池泰典・前理事長に対する市民らの告発などを受けて捜査を本格化。関係者への任意の聴取や、資料収集を進めていた。一方、学園が開設を目指した小学校の名誉校長を安倍昭恵首相夫人が一時務めるなど籠池氏と政治との深い関係も分かっており、捜査が政治的と見られることへの懸念が検察幹部にあった。「『籠池憎しの国策捜査』と言われてはいけない」

 最終的に、「共謀罪」法案や加計(かけ)学園問題でも揺れた国会の閉会を待ち、学園事務所のある幼稚園に、園児のいない日没前の時間帯を選んで、捜索に入った。

 国有地を約8億円値引きした問題についても、特捜部は財務省職員に対する背任容疑の告発を受理し、調べている。ただし背任罪は自己や第三者の利益を図る目的や、損害を与える目的が確定的にあったことの立証が必要で、ハードルは高いとされる。さらに、財務省は学園側との交渉記録を廃棄したとし、一貫して実態解明に背を向けてきた。

 しかし、国有地問題は一連の疑惑の発端で、核心であり、解明に向けた社会の要請は強い。捜査関係者は「手ぬるい捜査をするつもりはない」と話す。捜査が尽くされなかった印象が伴えば、今度は検察に批判が向けられかねない。

参考
産経新聞 特集ページ
http://www.sankei.com/smp/main/topics/main-33137-t.html
朝日新聞 特集ページ
http://www.asahi.com/topics/word/%e5%a4%a7%e9%98%aa%e3%81%ae%e5%9b%bd%e6%9c%89%e5%9c%b0%e5%a3%b2%e5%8d%b4%e5%95%8f%e9%a1%8c.html
毎日新聞 特集ページ
https://mainichi.jp/ch170361125i/%e6%a3%ae%e5%8f%8b%e5%95%8f%e9%a1%8c
日本経済新聞 特集ページ
http://www.nikkei.com/news/special/top/?uah=DF100320172042

スレ◆1が立った日時 6/20 11:20

前スレ
【アッキード/森友】「国策捜査」批判を懸念、国会閉会後に着手 地検特捜部◆2★394
http://fate.2ch.net/test/read.cgi/seijinewsplus/1497932406/

コメント一覧
HOM55@HON5437
加計孝太郎さん、自民党岡山県自治振興支部の代表者だった。会計責任者も加計学園の理事を務めた人物。支部の事務所は加計学園系列校の住所と同じ。電話番号も加計学園系列校のものと同じ。#加計学園 は自民党の一部ですか?どこまでもズブズブ。
https://pbs.twimg.com/media/DCvBzOrUMAAoCkE?format=jpg
>>2
https://pbs.twimg.com/media/DCvBzOrUMAAoCkE.jpg
■■今治市 加計学園獣医学部新設決定の流れ?■■

H19〜H26.11 今治、愛媛の提案を15回却下
       (農水→獣医師はたりている 文科→新設の予定はない)

H27  
4/1 今治市で急きょ翌日の切符変更実施
4/2 今治市の企画課課長、課長補佐が獣医学部設置協議の為内閣府訪問(13時〜14時、内閣府曰く事務所で話を聞いたとのこと)、その後首相官邸訪問(15時〜16時半)
   当日首相動静: 午後3時35分から同48分まで、下村博文文部科学相、山中伸一文部科学事務次官
4/30 内閣府と今治市が協議実施
6/1 内閣府と今治市が協議実施
6/4 今治市と愛媛県が国家戦略特区に獣医学部新設を提案
6/5 加計提案者ヒアリング(非公開)
6/6 関係省庁ヒアリング
   (文科→もし新しい獣医師需要があるなら、特定地域ではなく、全国的見地から検討)
6/30 日本再興戦略2015改訂版が閣議決定(獣医学部新設検討)
    石破茂地方創生大臣(当時)は高井たかしより、獣医学部ができるときいたが本当か、できるならやってほしいというような質疑
8/6 内閣府による今治視察
12/3 内閣府と今治市が協議実施。国際医療福祉大学開学スケジュールを渡す
12/15 国家戦略特別区域諮問会議(第18回)において、国家戦略特区の3次指定(地方創生特区の第2弾)として、今治市が決定される

H28  
1月 「H30年4月開学と聞いていた」と今治市関係者が証言
2/2 内閣府と今治市が協議実施
2/9 市議4人が内閣府の藤原豊地方創生推進室次長(現審議官)らと国会内で面会。内閣府側から「(市の)新設大学への財政支援による今後の財政悪化や、人口減少により学生が本当に集まるのか」との指摘を受けた
3/8 今治市議会本会議で菅良二市長が「最速で平成30(18)年4月の開学となれば大変ありがたい」と表明
3/18内閣府と今治市が協議実施
3/24 京都産業大学提案
    鳥インフルエンザ研究センター、バイオハザードレベルP3の実験室を京都市内に所有済み。京大・京都府立大と連携して有識者会議発足、ワーキンググループから高評価、ネイチャー誌論文アクセプト数1位。近畿圏知事から連盟で文科省に設置審の要請
4/6内閣府と今治市が協議実施
4/21 今治市議会特別委協議会で配布された資料のスケジュール表に「最速でH30・4開学(予定)」と記載
4/28 石破は獣医師のライセンスを増やしても地方偏在・産業獣医不足は解消しないと慎重な答弁
      @地方創生委員会
       〜京都産業大の提案にあせったのか、加計のロビー活動が活発に〜
          木曽功内閣参与 (文科省天下り)→千葉科学大学学長
4月 今治国家戦略特区特別委員協議会開催。資料に平成30年4月開学と記載有
5/?  豊田三郎文教協会専務理事(文科天下りを差配した組織)→加計学園理事
5/23内閣府と今治市が協議実施
6/3内閣府と今治市が協議実施
>>1
乙!ありがとうございます
■■今治市 加計学園獣医学部新設決定の流れ?■■
8/3 開学時期(2018年4月)が記載された「スケジュールの共有について」というメールが内閣府から今治市に送付される
8/4 今治市スケジュール作成(内閣府主導)
   ・平成28年12月市有地無償譲渡予定
   ・平成30年4月獣医学部新設・開学予定
8/23 山本有二農水相に、豊田・加計孝太郎が挨拶。今治に獣医学部を作るので宜しく、との発言有ったとのこと。
8月下旬 木曽功が前川前事務次官を訪れる。
「獣医学部の件でよろしく、などと言われた」
「『加計学園』という具体名は出なかったが、木曽氏は学園理事なので加計学園の話だと受け止めた」
「新設を認めるかどうかは国家戦略特区の諮問会議で決めることだから文科省は従えばよい、という趣旨の話だったと記憶している」
「加計学園の案件をめぐって、強く印象に残っている最初の出来事が木曽氏の訪問だった」と前川氏が証言
9/5 和泉洋人総理補佐官が前川前事務官に対し、官邸の補佐官執務室で文部科学省の対応を早くしてほしいと要請
「総理は自分の口からは言えないから、私が代わりに言う」との発言有
9/6  松野博一文科相と豊田・加計孝太郎が面談。同席していた関係者(加計学園幹部とあるが、おそらく豊田)によると、加計学園側が獣医学部の構想を松野文科大臣に直接伝えていたとのこと
9/7  山本幸三行革大臣に、加計孝太郎、息子が特区に関する陳情(豊田とは面識なし)。獣医学部の話があったと山本大臣弁。
9/?  木曽参与が内閣府特区担当(藤原審議官・佐々木事務局長)を呼び出し、30分ほど特区制度“一般”について説明 (←特区申請組織の幹部が特区担当が説明に参上)
    ※面談記録がないからいつかわからないといってるが、森ゆが説明資料出せと要求中
9/8 新設が決まったかのような表現を訂正する旨、内閣府が今治市にメール送付
9/13 内閣府と今治市が協議実施
9/21 特区分科会初会合。今治市が構想説明
9/26 藤原内閣審議官と文科省浅野課長・課長補佐の打ち合わせ、藤原審議官より開学スケジュールの作成要請、「官邸の最高レベルが言っている」
9/27 安倍首相と松野博一文部科学相、前川喜平文部科学事務次官打ち合わせ
10/6  安倍と加計が食事
10月頃 特区を担当する内閣府からの指示で文科省が「2018年4月開学」を前提とした開学スケジュールを作成させられたと前川前事務次官が証言
10/17 前川前事務官が和泉氏に呼ばれ、獣医学部設置特例に向けた状況を聞かれ、「引き続き検討中」と答え、和泉氏からは「早く結論を出せ」と言われる。
     総理のご意向文書
ここでやっと京都産業大提案者ヒアリング。いくらかけあっても、農水・文科で設置審の必要ないと事前協議にすら応じず。関係省庁ヒアリングも行わず。
      (この議事録が公開されたのは、すべてが決まったH29.3)
■■今治市 加計学園獣医学部新設決定の流れ?■■
10/21 萩生田と文科省高等教育局長面談。 「文科省だけが怖気づいている」「官邸は絶対やると言っている」 「総理は平成30年4月開学とおしりを切っている。11月には方針を決めたい」
10/24 安倍と山本幸三が面会(加計の話はしてないと主張)
10/25 今治市が高等教育機関の候補用地ボーリング調査の検討
10/25 今治市企画課作成今治市議会文書に「内閣府としても最速で平成30年4月の開学を目指していることが伺える」との記載有り。京産大はスケジュール的に間に合わないと感じる(どのように京産大が知ったかの経緯は不明)
10/26 安倍首相と松野博一文部科学相、前川喜平文部科学事務次官打ち合わせ
10/28 今治決定を前提とし、内閣府と今治市課長面談
10/31 今治市ボーリング調査申請、同日承認、更に同日に調査始まる
10/28 内閣府から文科省に文案を提示
10/31 文科省から内閣府に回答
11/1 【広域的な空白地域に限って】という文言とする様内閣府から文科省にメール。文中に「藤原審議官曰く、萩生田官房副長官からの指示」とのコメント有り。後に山本大臣が「自分が決定した」と発言。
11/3 加計学園ボーリング調査実施
11/4 今治市でボーリング調査の稟議書決裁(後付け)
11/8内閣府と今治市が協議実施。11/9議事次第が事前に渡される
11/9  国家戦略特区諮問会議 【広域的な空白地域に限って】という文言が登場。
     →京都産業大学、事実上撤退
    (いつ安倍に意思決定のための説明をしたか質すと、松本が「しかるべきときに然るべき内容を」と糞答弁)
        八代尚宏、竹中平蔵らが委員 
11/10 今治市作成議員協議会資料「国家戦略特区の制度を活用した取組の進捗状況について」の国家戦略特区を説明するページに「『総理・内閣主導』の枠組み」と記載される
11/18-12/17 パブコメ時に平成30年4月開学が出てくる(尚、パブコメ結果、8割が否定的意見)
11/28 今治市と加計学園、建築確認及び消防計画に関する事前協議
11月 メールにより文科省から加計学園へ、構想の不十分さに対するアドバイス実施
12/2 安倍首相と松野博一文部科学相、前川喜平文部科学事務次官打ち合わせ
12/8 獣医師会、設置そのものに反対だが、するなら1校に限って欲しいと要請
12/14 「平成30年度の開学に向けて早急な対応が必要なことから」とし、加計学園キャンパスに必要な高圧電力を四国電力に申請するよう、加計学園が今治市企画課・国家戦略特区推進室に要請。今治市は四国電力に仮申込書提出(既に工事が始まっていることを示す)
12/22 三大臣(内閣府地方創生、文科、農水)で国家戦略特区として獣医学部を設置する旨合意。ただし、3月まではそのような事実はないと答弁
     (この合意文書が本当に12/22に決定されたのなら、サーバー記録、プロパティをみせろと質すと、松本は公文書偽造に問われるから公務員はそんなことしないから見せる必要がないと糞答弁←森ゆは、今になって当時の文書を慌てて作成したと疑っている)
12/24 安倍・加計らが食事(男たちの悪巧み)

H29
1/4 公募の告知 →8日間だけで締め切り(加計学園だけ応募)
1/20 前川前事務次官退職
1/20 加計学園に決定
>>1
むぎとろ納豆乙!

籠池も納豆食ってたぞ!
もう、焼きそば食ってる場合じゃねぇー
>>1
ありがとう!